竹林歯科医院

厚木市妻田の歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント治療
セラミック・ジルコニア
たけばやし歯科

046-224-2264
神奈川県厚木市妻田北3-7-29
本厚木駅のたけばやし歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  たけばやし歯科Blog»  たけばやし歯科Blog»  高濃度フッ化物配合歯磨剤

高濃度フッ化物配合歯磨剤

高濃度フッ化物配合歯磨剤

みな様こんにちは。厚木市妻田のたけばやし歯科医院です。
今回は歯磨剤(歯磨き粉)に含まれるフッ素(フッ化物)のお話です。

昨年(2017年)3月に、厚生労働省は歯磨き粉(医薬部外品)に含まれるフッ素濃度の上限を1000ppm以下から1500ppm以下に引き上げました。



これに伴い、市販されている歯磨き粉のフッ素濃度も1450ppmに変わっているものもあります(従来は多くの製品が950ppm)。
表記が義務づけられていますので、表記がないものに関しては従来通り1000ppm以下と判別できます。

今までの1.5倍!心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが国際標準化機構(ISO)では以前から1500ppmが上限となっており、世界的にみると日本は低濃度の上限を採用していたと言えます。
フッ素はもともとむし歯予防のために配合されている成分です。その濃度が1.5倍に上がることによりむし歯予防効果は高くなります。

【6歳未満のお子さんへの使用は控える】



知らずに使用していると見落としがちですが「6歳未満のお子さんへの使用は控える」旨がちゃんと表記されています。
小さなお子さんがいらっしゃる親御様はご注意ください。

【6~14歳のお子さんは歯科医師の判断のもとで】
日本口腔衛生学会のフッ化物応用委員会の2017年3月以降の年齢別フッ化物配合歯磨剤の使用量によると
従来:6~14歳1000ppm(1cm程度)
から
現在:6~14歳1000ppm(1cm程度)
と変わっていません。

「6歳未満に使用は控える」と言いつつも6~14歳はグレーゾーンです。

私の解釈ですが、15歳未満のお子さんには従来通り1000ppm以下で良いと思われます。
ただし、むし歯リスクの高いお子さん(むし歯が多い・歯磨きが苦手)は歯科医師の判断のもと使用したほうが良い場合もあります。

【どんな人にお勧めなのか?】
基本的に使用は15歳以上と考えましょう。

15歳以上のむし歯リスクが高い方
ミュータンス菌レベルが高い
詰め物・かぶせ物が多い
ブラッシングが苦手で歯垢の付着が多い
高年齢・お薬の副作用などで唾液分泌量が少ない
など

まとめさせていただくと

 1.市販の歯磨き粉にもフッ素濃度1450ppmのものがある
 2.むし歯予防には効果的だが6歳未満のお子さんには使用しない
 3.15歳以上であれば通常通り使用可能
 4.6~15歳までのお子さんは歯科医の判断のもと使用

ということになります。

なんだか要注意!みたいな文面になってしまいましたが、15歳以上はOKと思ってください。そしてむし歯の予防効果は高くなりますので、積極的に使用して良いと思います。

2018-04-10 10:00:00

たけばやし歯科Blog