竹林歯科医院

厚木市妻田の歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント治療
セラミック・ジルコニア
たけばやし歯科

046-224-2264
神奈川県厚木市妻田北3-7-29
本厚木駅のたけばやし歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
求人案内
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

知覚過敏


 

歯がしみる「知覚過敏」。あの「キーン」としみる感覚。つらいですよね。

知覚過敏を一言で言うと
「むし歯ではないのにしみる状態」です。

そもそもなぜ知覚過敏になるのでしょうか?
まず歯の構造をお話しします。

知覚過敏

 

歯は大きく分けると三層の組織からなっています。
お口の中に見える歯の頭を「エナメル質」
エナメル質の中にあり頭から根の先までつながる「象牙質」
象牙質の中心にあり、歯に栄養を与える「歯髄(神経)」です。

まずエナメル質には神経は通っていません。ですから風をかけてもしみませんし、エナメル質の厚みの範囲(1.5mmほど)であれば、たとえ削っても痛みはでません。
しかしこのエナメル質。歯の頭は覆っていますが、歯ぐきより下。つまり根の表面には存在しません。

知覚過敏

 

歯の中心は象牙質からできています。
象牙質の中には歯髄(神経)から伸びる細い神経が、中心から外に向かって伸びています。
象牙質の表面には神経の穴が無数に開いているのです。
正常な状態では頭の部分はエナメル質に覆われ、根の部分は歯ぐきに覆われています。
しかし、歯周病で歯ぐきがやせてしまったり、過度なブラッシングでエナメル質が摩耗したりすると象牙質が出てきてしみるというわけです。

知覚過敏

 

実際の治療法

  1. まずは歯周病を治しましょう。
    歯周病で歯肉がやせてしみている場合、しみている場所だけ治っても歯肉がやせればまたしみてしまいます。
    歯肉がこれ以上やせない環境を整えてから治療することが大切です。
  2. 薬を塗って治す。
    シュウ酸カリウムという成分からなる液体です。
    しみている象牙質に作用し、痛みを感じにくくします。
  3. レーザーで治す。
    炭酸ガスレーザーというレーザーで、しみている象牙質に炭化層の膜を作ります。
  4. 樹脂をつめて治す。

おもにこれらの対処法があります。

「なぜ知覚過敏になってしまったのか」も重要です。
歯周病が進行し、歯ぐきが下がっている。
睡眠中、はぎしり・食いしばりをしている(エナメル質のすり減り・剥離)。
過度な力でブラッシングをしている(歯ぐきが下がる・エナメル質のすり減り)。
酸性の食べ物・飲み物を頻繁に長時間摂取している(酸によりエナメル質が溶ける)。
など、症状が出るまでの過程は様々です。

治療することも大切ですが、再発を防ぐために原因を知ることも大切です。
 

 

「歯がしみる」、「知覚過敏かな?」と思ったら

知覚過敏ならまだよいのですが、むし歯になってしまっている場合もあります。
ご自身で判断されずに一度ご相談ください。