竹林歯科医院

厚木市妻田の歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント治療
セラミック・ジルコニア
たけばやし歯科

046-224-2264
神奈川県厚木市妻田北3-7-29
本厚木駅のたけばやし歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  たけばやし歯科Blog»  たけばやし歯科Blog»  本日の症例~コンポジットレジン修復⑫~

本日の症例~コンポジットレジン修復⑫~

本日の症例~コンポジットレジン修復⑫~

みな様こんにちは。厚木市妻田のたけばやし歯科医院です。
本日は中学3年生の女性の患者様にコンポジットレジン修復をさせていただきました。 



むし歯除去中



レジン修復後

やや大きいむし歯ではありました。保険診療をご希望で、金属の詰め物は避けたいとのご希望で、レジン修復をさせていただきました。レジン(プラスチック)は金属より強度は劣りますので、今後経過観察は必要かと思われます。
特に咬む力のかかる奥歯の治療でしたので、患者様にも半年ほどで経過を診させていただけるようお願いしました。
ちなみに今回特にお伝えしたかったのが、患者様は現在15歳。最後に歯科を受診されたのは5年ほど前ということです。
小学生の高学年から歯に対する親御様の管理から離れ、中学生・高校生になって大きなむし歯ができているケースは多く見られます。
さらに多いのは大学生・社会人になってから痛みとともにいらっしゃる患者様です。
この場合、歯の神経までむし歯が達していることが多く、神経を抜く治療を回避できない場合も多くあります。
小学生・中学生・高校生。ご家庭により歯磨きをお子さまに任せはじめる時期は違うと思いますが、定期的な歯科検診で、「将来に多くの健全な永久歯を残していきたい」と思っております。「痛む前の早めの歯科検診」を是非受診していただければ幸いです。

2019-08-19 10:50:29

たけばやし歯科Blog